連絡先を交換

男性がキャバクラへ行く理由というのは、やはり女の子と一緒にお酒を飲みながら会話を楽しみたいと考えているものでしょう。
たとえお客様と従業員の立場といえども、どうせなら女の子に好感を持たれたいと思うのが普通の考えになります。
女の子に好感を持たれるということは、少なからずそのお客様にはたくさんお店に来店してほしいと思っているものです。

女の子にとってはお客様という立場でしか見てませんので、一人の男性として興味を持ってもらえるような行動や言動に注意しなければ好感というものは持たれることはないと思われます。
それなりに常連で、女の子にも顔や名前を覚えてもらっているようなお客様というのは、実際女の子にとってはどういった印象で見ているのでしょうか。
大体の女の子というのは、常連になっているのですから、それなりにお金も持っているのでいいお客様になってくれそう、というような印象で見ているはずです。
この印象というのは、決して悪い印象ではありませんが、言い方を変えれば「いいカモになりそう」とも取れるのです。
それでは結局のところ、「お客様と従業員」の関係だけなのです。

しかし、お客様として都合のいい場合もあります。
いわゆる同伴やアフターに誘うというのは、お客様ならではの権利です。
その際には、必ず連絡先の交換をしておかないと、同伴もアフターもできません。

初めはただのお客様だと思われてもこの先の連絡先の交換で、自分の好感度を上げることは十分にできるのです。
そうやって好感を持たれるようになれば、自然と来店してほしいと思われるお客様になれるのです。